医療費控除 確定申告 交通費

Sponsord Link


医療費控除、確定申告時に交通費は有効になるのでしょうか

病院へ通院する際の交通費は自家用車を利用している人以外は、医療費控除の対象となります。
自家用車のガソリン代は医療費控除の対象とはならないのです。
これは、果たしてどこまでが病院へ通院する為に利用したのかわかりづらいからです。
同様の理由で必要以上にタクシーを利用しても医療費控除の対象外となってしまいます。
タクシーは陣痛などが酷く、公共交通機関を利用することが出来ない場合にのみ、タクシー代は医療費控除の対象となりますので、気をつけましょう。
ただし条件が揃っていて、高速道路を利用したとしたら、交通道路利用料も確定申告で医療費控除の対象となりますので忘れずに申告をしましょう。

 

公共交通機関を利用すると、例えば電車などでは領収書が発行されません。
では、どのようにして医療費控除の対象として確定申告時に申告をするのかといいますと、公共交通機関を利用して区間、利用した日時をメモしておけば良いのです。
メモをエクセルなどで見やすく作っておくとさらに確定申告はスムーズに進むと思います。

 

医療費控除が確定申告時に有効になる交通費どの程度あるのでしょう

まず、電車は医療費控除の対象となります。
乗った区間をメモしておきましょう。
バスの交通費も医療費控除の対象となります。
乗った区間をこちらもメモをしておきましょう。
タクシーは場合によっては医療費控除の対象と認められます。
陣痛が酷く公共交通機関を利用出来ないという方は、医療費控除の対象となりますが、緊急性を必要としない場合は、タクシー代が医療費控除の対象となるのは難しいことです。
自家用車のガソリン代は医療費控除の対象とはなりません。

Sponsord Link