医療費控除 確定申告 代理人

Sponsord Link


医療費控除を確定申告でする際、代理人が行って大丈夫なのか?

医療費控除を確定申告する際に、旦那さんの代わりに奥さんが代理人として申告に行くことは問題ありません。
この際、委任状なども必要ありませんが、旦那さんの代理人として奥さんが行っているので間違えて奥さんの名前や生年月日を確定申告書に書くことは税務署からの呼び出しのもとになりますので気をつけてください。
ただし確定申告の作成は税理士や税理士法人もしくは本人しかおこなう事ができませんので、代理人で奥さんが税務署へ行った場合、書類に不備がありますと訂正することができないで注意をしてください。

 

それ以外でしたら、代理人が行っても問題ありませんので、忙しくて医療費控除の還付申告や確定申告ができないということは避けましょう。
最長で5年前まで遡って申請をすることができますので、忘れずにおこないましょう。

 

医療費控除を確定申告でする際、代理人が行っても大丈夫です

医療費控除の場合は代理人が確定申告へ行くのは大丈夫です。
ですが、固定資産税などでは税理士へ委任状を書いてお願いをするのがベストな選択であると考えられます。
また書類に不備がない場合は、わざわざ税務署へ出向かずに確定申告の書類を郵送するという方法もあります。
医療費控除の対象となるのは美容目的および健康維持目的以外の医療費です。
また、病院へ行く際に利用した公共交通機関の代金は医療費控除の対象となります。
ですが、自家用車で病院へ通院している場合、そのガソリン代は医療費控除の対象とはなりません。
このように少々紛らわしいものがありますので、事前に不備がないかを十分に確認してから税務署へ持って行くようにしましょう。

Sponsord Link