医療費控除 確定申告 青色

Sponsord Link


医療費控除を確定申告の際におこなう場合〜青色申告について〜

青色申告の対象者は、「事業所得」、「不動産所得」、「山林所得」を得るような事業・業務をする人となります。
青色申告のメリットは、青色申告特別控除が受けられることです。
青色申告特別控除とは、青色申告で帳簿を作ることで、特別経費を認めるので経費が安く済むのです。
公式なルールに従い帳簿を作ると10万円程度は税金が安くなる可能性があるのです。
また、赤字の場合は繰り越しができるという点です。
昨年30万円の赤字を出したが今年は300万円の黒字を出したら、30万円を引いて270万の黒字とすることができるのです。
そして、100,001円〜299,999円のモノを買ったとき、一気に費用にできるということです。
最後に家族に給料を支払った時、それを経費とすることができるという点です。
以上が青色申告のメリットとなります。

 

医療費控除を確定申告の際におこなう場合〜青色申告の場合〜

青色申告であっても医療費控除が受けられるのです。
必要な書類は、医療費に使った領収書です。
医療費控除は総所得が200万円以上なら、10万円以上。
総所得が200万円以下なら、所得の5%以上超えていると医療費控除を受けることができます。
医療費控除の対象となる医療費に支払った医療費。
病院へ行く際に利用した公共交通機関の代金。
処方された薬の代金などが医療費控除の対象となります。
美容目的や健康維持のために使用された医療費は医療費控除の対象とはなりませんので気をつけましょう。

 

このように青色申告であっても、普通の還付申告を受けるように医療費控除を受けることはできるのです。
思い当たる節がありましたら、払いすぎた税金が戻りますので、還付申告をしましょう。

Sponsord Link