医療費控除 確定申告 やり方

Sponsord Link


医療費控除を確定申告時におこなうやり方について

確定申告に医療費控除をおこなうやり方について考えていきましょう。
医療費控除額は生計をともにする者も対象となります。
なので、生計をともにする者も合計した医療費が10万円以上かかる場合が医療費控除の対象となります。
計算式で説明しますとこのようになります。

 

  • [実際に支払った医療費]ー[補填された金額]ー[10万円]=医療費控除額
  • [実際に支払った医療費]ー[補填された金額]ー[所得金額の5%]=医療費控除額

 

これが、医療費控除ができるかできないかがわかる簡単な計算式です。
この計算式のように、10万もしくは所得金額の5%を以上の医療費が必要となるのです。
所得金額の5%の場合は、年収が200万円未満の方が対象となります。
実際に払った医療費はその年の1月1日から12月31日までに支払われたものの合計です。
医療費の領収書、利用した公共交通機関のメモなどが医療費控除をおこなう際に必要になる書類です。

 

医療費控除を確定申告時におこなうやり方〜提出方法〜

提出方法は、年末調整を受けているサラリーマンの方々は確定申告の前におこなわれる還付申告の際に、必要書類と共に税務署に提出して大丈夫です。
必要書類は領収書です。
他にも還付申告を受ける為の書類がありますが、税務署で手に入れることができます。
もしくはインターネット上からでもダウンロードができますので特に心配はありません。
還付申告は1月1日から受付が開始されますので、確定申告時に税務署は混むので早めに持って行って損はありませんね。
もし医療費控除をその年申告し忘れた場合、最長で5年間は遡って申請をすることができますので、忘れずにおこないましょう。

Sponsord Link