医療費控除 確定申告 上限

Sponsord Link


医療費控除を確定申告でおこなった時の上限は?

医療費控除はその年の1月1日から12月31日までの間にかかった医療費の合計が10万円以上、総所得が200万円以下なら総所得の5%以上であった場合、医療費控除を受けることができます。
医療費控除の上限は200万円です。
どんなに高額な医療費を払ったとしても、200万円までとなっているのです。
つまり医療費控除の対象は10万円以上200万以下と考えてもらって結構です。
還付金は払いすぎた税金が戻ってくるのであって、払いすぎた医療費が返ってくるというわけではありません。

 

医療費控除を確定申告でおこなった時、上限を超えないようにするには?

入院などをしますと医療費の金額が結構かかってしまいます。
すべての医療費を1年のうちに払ってしまいますと医療費控除額が200万円を超えてしまう場合があります。
高齢者を抱えている世帯では生計を1つにする人の医療費控除額を合計しますと、200万円の上限を超えてしまう可能性が非常に高くなります。
このような場合は病院へ相談して、年末に一度医療費を精算するなどをして、医療費が1年間に集中しないように対策をとると、節税になります。

 

高額療養費、不妊治療などはすぐに効果が出ないものは、いつの間にか高額の金銭を払っている可能性があります。
節税対策として様々な手を使いませんと、お金がすぐになくなってしまいます。
10万円以上支払った医療費がそのまま返ってくるというわけではありません。
10万円以上支払った際の税金が戻ってくるので、あまり得をしたという感じはありません。
ですが、少しでもお金が戻ってきた方が長い不妊治療の代金や高額療養費の足しになりますので節税対策をきちんとおこないましょう。

Sponsord Link