医療費控除 確定申告 領収書

Sponsord Link


医療費控除を確定申告時におこなう際に必要となる領収書について

医療費控除を確定申告時におこなう際に必要となる領収書は、医療機関で発行されたものの他にドラッグストアーなどで風邪薬を購入したり、のど飴を購入したりした時に発行されるレシートもその対象となります。
これは、風邪薬などは健康を維持するために必要とするものではなく、病気の治療に使うものであるからです。
また大人用のおむつも、おむつ使用確認書があれば対象となりますが、子供用のおむつは対象とはなりません。

 

領収書が発行されない公共交通機関を利用した時は乗った区間や利用した日付をメモに残しているだけで有効になりますので、利用して病院へ通院をした方は忘れずにメモをしておきましょう。

 

医療費の領収書をすべて集めその合計が10万円以上の場合、年収が200万未満の方は総所得の5%以上の場合が医療費控除の対象となります。
医療費控除は払いすぎた医療費の税金が戻ってくるもので、払いすぎた医療費が全額戻ってくるのではありませんので注意をしましょう。

 

医療費控除を確定申告時におこなう際に対象外の領収書について

医療費に関係ない領収書はすべて対象外となります。
一見、医療費のようで対象外となるのが美容を目的とした整形を受けた際に支払ったことを証明する領収書です。
美容目的で支払った医療費は医療費控除の対象とはならないのです。
似たような理由で健康診断を受けて支払った領収書も対象外となします。
健康診断は健康を維持しているのかどうかを調べるためのものであくまで予防の効果しかありません。
予防はすべて医療費控除の対象外となるのです。
しかし、何らかの異常が健康診断時に発見され治療を受けたら、医療行為となりますので医療費控除の対象となります。

Sponsord Link