医療費控除 確定申告 必要書類

Sponsord Link


医療費控除をおこなう確定申告の際に必要書類は?

確定申告の際に医療費控除をおこなう場合、特別に必要になってくるのは医療費が書かれた明細書です。
他の書類はすべて税務署にありますので、医療費が書かれた明細書だけを特別に用意をする必要があるのです。
ちなみに、税務署にある必要書類は「申告書のA様式」です。
医療費の明細書は確定申告をする前年の1月1日から12月31日までの1年分が有効になるのです。
最長で5年前まで遡って申請をすることができます。
医療費控除の対象となる医療費は以下のとおりです。

  • 医師、歯科医師による診療や治療の対価
  • 治療のためのあんま・マッサージ・はり師などによる施術の対価
  • 通院費、医師の送迎費(自家用車のガソリン代は除外)
  • 入院時の部屋代や食事代
  • 医療器具の購入費。
  • 保険師や看護師、准看護師による療養上の世話の対価
  • 治療や療養に必要な医薬品の購入の対価
  • 一般的な医薬品の購入費用
  • 医師の処方などにより購入する医薬品の購入費用
  • 助産婦による分娩の介添え料
  • 医師等による一定の特定保健指導の対価

 

確定申告の際に医療費控除をおこなう必要書類はどう集めるか?

税務署に行けば「申告書のA様式」を手に入れることができます。
また「医療費の明細書」や「申告書のA様式」はインターネットでも手に入れることができますので、確定申告ギリギリではなく早めに手に入れておけば確定申告時の医療費控除はスムーズに進むようになります。

 

ちなみに医療費控除は医療費が10万円以上もしくは所得の5%以上が対象となります。
10万円以上かかった医療費がすべて返ってくるのではなく払いすぎた税金が返ってくるだかなので、間違えないようにしましょう。

Sponsord Link