医療費控除 確定申告 住民税

Sponsord Link


医療費控除を確定申告しますと住民税が安くなりますか?

医療費控除を確定申告すると住民税は安くなる可能性が非常に高いです。
医療費控除の額が10万円以下であっても確定申告をしますと、住民税に反映されます。
住民税の他にも様々な税金が安くなり還付金を受けるとることが出来るようになります。

 

企業などに勤められている方は年末調整だけをして、確定申告をおこなわないというケースが多分に見られます。
しかしながら、確定申告をおこなうと払いすぎた税金が戻ってくる可能性がありますし、住民税に至っては少々安くなる可能性がありますので確定申告はおこなった方が得であると考えられます。
住宅借入金等特別控除などで所得税額が0円になってしまっている場合があります。
そこで住民税申告をすることによって、住民税控除を受けることができるのです。

 

医療費控除を確定申告しますと住民税への影響は?

医療費控除やその他の控除を行っても所得税に影響を及ぼさない場合があります。
ですが、住民税の支払額には影響を及ぼす場合もありますので、くれぐれも注意しましょう。

 

企業に勤める方が医療費控除を受ける為には自分で確定申告(還付申告)をおこなわなければいけません。
医療費控除の方法は医療費の明細書と貯金通帳、医療費の領収書があれば、医療費控除をおこなうことが出来ます。

 

医療費は美容目的以外の医療費。
健康診断、人間ドック、予防接種のような予防の為に使用された医療費。
リラックスや疲労回復のために利用した整骨院の料金。
健康維持の為に購入したサプリメント代などは、医療費控除に含まれません。

 

ただし、人間ドックや健康診断で異常が発見されてそのまま治療という運びになりましたら、医療費控除の対象と認められます。

Sponsord Link