医療費控除 確定申告 生命保険

Sponsord Link


医療費控除の確定申告際、生命保険はどのようになるのか

民間の生命保険に加入し、入院をした時に医療費を補てんされたならば、その分は医療費控除の対象から引かなければいけません。
わかりやすく計算式にしますと以下のとおりとなります。

 

(医療費-保険などで補てんされた金額)-10万円=医療費控除額

 

 

というふうになります。
所得が200万円以下の方は以下の計算式となります。

 

(医療費-保険などで補てんされた金額)-(総所得の5%)=医療費控除額

 

 

保険などで補てんされた金額は医療費控除の対象外となる他に、国や市町村からの助成金などで医療費が安くなった場合でも保険金と同じように、医療費控除の対象とはなりません。

 

医療費控除の確定申告、生命保険金以外に医療費控除の対象とならないもの

医療費控除の対象とならないものは、まずは保険金で補てんされて金額です。
10万円以上入院代金がかかろうと、5万円分が保険金で補てんされてしまいますと医療費控除の対象とはなりません。
また医療費控除の対象とならない医療費は美容目的で利用した医療費です。
美容目的で利用した医療費は、例えば、ホクロをとってもらったというものは、美容目的ならダメです。
悪性のホクロならば治療目的と認められます。
健康維持のために利用した医療費も医療費控除の対象とはなりません。
健康維持の為に飲んでいるサプリメント代とかは医療費控除の対象とは認められません。
予防目的で受けた健康診断、人間ドック、予防接種も医療費控除の対象とはなりません。
ただし健康診断、人間ドックで何かしらの異常が発見され、そのまま治療や療養をおこなわなければいけないといった場合は、医療費控除の対象となります。

Sponsord Link