医療費控除 確定申告 源泉徴収

Sponsord Link


医療費控除を受ける為の確定申告で源泉徴収票は必要なのか?

源泉徴収票は確定申告で医療費控除をおこなう際には必要になってくるものです。
年末調整を会社でおこなってもらった人は確定申告ではなく還付申告といって、還付金を請求する方でもきちんと申告をしますと、払いすぎた税金が返ってきます。
医療費を10万円以上、年収が200万円以下の方は所得の5%以上支払っている方は還付申告、確定申告をおこないましょう。

 

また源泉徴収額が0円の場合は医療費控除の申告をしても医療費控除を受けることが出来ない可能性が非常に高いです。
その為、確定申告をしなくてもよいと考える方もいるようですが、確定申告をおこなうと住民税などが安くなる可能性がありますので、確定申告は必ずおこないましょう。

 

医療費控除を受ける為の確定申告で源泉徴収票以外に必要なものは?

他には身分証明書、医療費の明細書、貯金通帳などが確定申告をする際には必要になってきます。
貯金通帳は還付金が受けられる人は口座番号を記載しないといけませんのので、貯金通帳が必要となります。

 

医療費の明細書は間違いなく記載しないと、いちいち書き直しをしなければなりませんので、明細書の記載は間違いなくおこないましょう。
明細書に記載することの出来る費用は、病院で支払った代金から交通費、必要な薬代など幅広くあります。
特に交通費は明細書がないのでいつどの区間の公共交通機関を利用したのか正確に記載しなければいけません。
また、明細書には領収書をしっかりと添付しておかなければ、申告がスムーズには進みません。
少しややこしいようですが、インターネットで手助けをしてくれるサイトが沢山ありますのでそちらを利用しましょう。

Sponsord Link