医療費控除 確定申告 明細

Sponsord Link


医療費控除、確定申告時の明細書について

1月1日から12月31日までにかかった医療費をまとめて明細書に記入をする必要があります。
記入方法はインターネット上にテンプレートがありますので、そこまで難しいものではありません。
明細書に記入出来る医療費は生計を一緒にしているもの、つまり配偶者、子供、その他親族をあわせて作成することが出来ますので、一番所得が多い人の名義で作成した方が還付金は多く戻ってきます。
明細書には領収書を一枚ごとに転写するように書いてありますが、大量の領収書を一枚一枚転写していてはそれだけで一苦労です。
そのため、病院ごとの領収書をまとめておき、明細書に病院名とかかった金額の合計を書いて行けば明細書に一枚一枚転写するより大変短い時間で効率的にまとめることが出来ます。
病院ごとの領収書、薬局ごとの領収書、交通費ごとの領収書をまとめて整理しておけば、確定申告の際、医療費控除を申告するならば非常に便利であると考えられます。

 

医療費控除、確定申告時の明細はどこまでが有効なのか

医療費控除と一言でいいましても風邪から不妊治療まで幅広くありますので何が医療費控除の対象になるかわからないという人が多くいると思います。

 

医療費控除の対象になるのは、治療を受ける為に支払った費用、薬代と考えてもらって結構です。
予防や健康維持の為に支払った料金は基本的に医療費控除の対象外となります。
治療受ける為に支払った費用や薬代には、交通費も含まれます。
交通費は自家用車のガソリン代、むやみにやたらに使用されたタクシー代はその対象から外れますが、公共交通機関を使用した交通費は認められます。

 

わからないことがありましたら税務署へ問い合わせるのが最善の策です。

Sponsord Link