医療費控除 確定申告 必要なもの

Sponsord Link


医療費控除の確定申告をする際に必要なものとは

医療費控除を確定申告する際に必要なものは医療費の明細書、源泉徴収票です。
また身分証明書と貯金通帳も必要になりますので、持って行きましょう。

 

医療費の明細書ですが、医療費控除の対象とならないものまで持っていくと修正申告の対象となります。
医療費控除の対象となるものは、予防、健康の維持、美容目的以外に支払った医療費がこれにあたります。
予防とは予防接種などのような有料(任意)の予防接種はすべて対象外となります。
健康維持とは健康診断や人間ドックなどもありますが、健康維持のためサプリメントを飲む、漢方薬を飲むといった場合では対象となりません。
ただし健康診断や人間ドックで何らかの異常が発見され、そのまま病院で診察、治療をしなければならなくなった場合、人間ドックも医療費控除の対象となります。
美容目的はどのような理由があっても治療目的ではありませんので、医療費控除の対象とはなりません。

 

また交通費も医療費控除の対象となります。
公共交通機関を利用した場合、つまりバスや電車を利用して病院へ通院した場合はその乗った区間と乗った日付をメモしておけば明細書がなくても医療費控除の対象となりますので、関係がある人は覚えておいて損はないと思います。
ただし自家用車のガソリン代は医療費控除の対象とはなりません。
ですが、有料駐車場を利用した場合、その利用料は医療費控除として還付請求をすることが出来ます。

 

医療費控除の確定申告をする際に必要なものまとめ

医療費控除を受けるために必要なものは、医療費の明細書。
身分証明書、企業に勤められている方は源泉徴収票、確定申告をする用紙は税務署にありますので、手元にない方でも安心してください。
以上が医療費控除を受ける為に必要なものです。

Sponsord Link