医療費控除 確定申告 年末調整

Sponsord Link


医療費控除の確定申告は年末調整をしていても可能です

企業に勤められている方は、確定申告をしない変わりに年末調整というのをおこないます。
その為、企業に勤めている方は医療費控除の確定申告をあまりしないのではないでしょうか。
それはとてももったいないことで、医療費控除の確定申告をすれば、余分に支払いすぎた税金がさらに返ってきます。

 

医療費控除の確定申告の方法は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を参照していただければ、簡単に確定申告をおこなうことが出来ます。
医療費控除は10万円以上、もしくは総所得が200万円以下の場合は5%以上の医療費があればそれは医療費控除額の対象となります。
計算式は(医療費-保険などで補てんされた金額)-10万円(もしくは所得の5%)=医療費控除額となります。
この医療費控除額に所得に応じた税率をかけると還付金の額がわかります。

 

また年末調整を受けている人は確定申告ではなく還付申告をおこなえばいいのです。
還付申告は、1月1日からおこなうことができますので、早めにおこなった方が早く還付金が入金されるので、早めにおこなうとメリットが大きいと考えられます。

 

医療費控除の確定申告について、年末調整をしなかった場合

年末調整をしなかった場合は、個人的に確定申告をおこなわなければいけません。
その場合に必要なのは源泉徴収票です。
転職活動中の方は忘れずに確定申告をしなければいけません。
確定申告をおこなう際、少々面倒くさいような感じがしますが、簡単に確定申告、医療費控除をおこなうことをサポートするサイトが国税庁以外にも沢山ありますので、そちらを参照しながらおこなうと簡単に確定申告がおこなえるのではないでしょうか。

Sponsord Link