医療費控除 確定申告 コンタクトレンズ

Sponsord Link


医療費控除の確定申告で認められるコンタクトレンズとは

一般に大人が視力の矯正で購入する眼鏡やコンタクトレンズの代金は医療費控除の対象とはなりません。
眼科で診断を受けた際の医療費は医療費控除の対象として認められます。
さらに、眼科へ通うためにかかった公共交通機関の交通費は医療費控除の対象となります。
ただし自家用車は医療費控除の対象とはなりませんし、タクシー代も基本的には医療費控除の対象となりません。

 

コンタクトレンズや眼鏡の代金は医療費控除の対象にはならないです。
これはあくまで大人の場合であり、子供の弱視でコンタクトレンズや眼鏡をかけなければいけないという時に作ったコンタクトレンズや眼鏡の代金は医療費控除の対象になります。
弱視の他にも「斜視」「変性近視」「白内障手術後」「角膜炎」「緑内障手術後」「虹彩炎」「角膜外傷」「視神経炎」「網膜色素変性症」「網脈絡膜炎」の際に作られた眼鏡やコンタクトレンズは医療費控除の対象となります。

 

医療費控除の確定申告で認められるコンタクトレンズ以外の医療品

コンタクトレンズ以外の医療品は、予防ではなく治療目的で購入したものは医療費控除の対象となります。
例えば風邪が流行の兆しがあるのでマスクを購入したという時は、予防であり医療費控除の対象とはなりません。
ですが、風邪をひいているから医師からマスクを着用しなさいと言われ、マスクを購入した場合は医療費と認められ、医療費控除の対象となります。
またのど飴も同様の理由で医療費控除の対象となる可能性があります。
絆創膏やガーゼ、風邪薬は購入すれば医療費控除の対象と認められます。
すべて使い切らなくても購入した証拠があれば、医療費控除の対象となります。

Sponsord Link