医療費控除 確定申告 手続き

Sponsord Link


医療費控除をおこなう際の確定申告の手続きは?

確定申告の際に医療費控除がおこなえるのか、まずはそこから見ていきましょう。
確定申告の際に医療費控除がおこなえるのは、所得が200万円以上ある方では、(その年に支払った医療費-保険金等で補填された金額)-(10万円)=医療費控除となります。
所得が200万円以下ですと(その年に支払った医療費-保険金で補填されて金額)-(所得の5%)=医療費控除となります。
医療費控除額は最高で200万円までとなります。

 

この計算式で医療費控除額がマイナスで表示されなかった場合は、税務署へ確定申告に行きましょう。
確定申告の手続きに必要なものは「給与所得の源泉徴収票」と「医療費の明細書」、「所得税の確定申告書A」です。
医療費の明細書には交通費を含めたい場合は、公共交通機関のどの区間を乗ったかというメモがあれば、医療費控除の対象となります。
必要事項を記載して税務署長に提出すれば医療費控除の手続きが完了となります。

 

医療費控除をおこなう際の確定申告の手続きの注意点

まず気をつけなければいけないのが、交通費です。
自家用車のガソリン代や不必要なタクシー代は医療費控除の対象とはなりませので、留意してください。
また医療費控除は支払いすぎた税金が返ってくるという申告なので、10万円以上支払った医療費がすべて返ってくるというわけではありません。
また、医療費控除を受ける対象は前記の計算式でマイナスの結果が出ていない人物に限られますが、医療費控除をおこなえないというわけではありません。
還付金が来ないだけで、住民税が安くなるという話があります。
還付金が受ける事が出来なくても医療費控除をおこなった方が色々と特になるので、面倒くさがらずおこないましょう。

Sponsord Link