医療費控除 確定申告

Sponsord Link


確定申告の医療費控除ってどうするの?

確定申告の医療費控除は、その年の生計をともにする人もあわせて総合の医療費が保険等で補填される額を引いて、さらに10万円を引いても医療費がある場合、もしくは総所得が200万円以下の人は所得の5%の医療費がある場合は医療費控除の申請ができます。

 

確定申告時に医療費控除をおこなうために必要なものは、確定申告書というものです。
また前年の1月1日から12月31日までにかかった病院の明細書、薬代、公共交通機関を利用したのならば、いつどの区間を利用したのかというメモも必要になります。
タクシー代も医療費控除の対象となりますが、公共交通機関で十分いける範囲内であるのにも関わらず、タクシーを無駄に使いますと医療費控除の対象とはならなくなるので気をつけてください。
さらに、公共交通機関はメモだけで十分ですが、エクセルで奇麗にまとめた方が見やすく確定申告がスムーズに進みます。
これらを所轄の税務署の所轄税務署長に対して提出するのです。

 

医療費控除と確定申告の時期について

確定申告は毎年2月16日から3月15日の期間内におこないますが、医療費控除の還付申告は1月1日から2月15日の間からでも可能です。
この期間を過ぎても、遡り5年前からおこなうことができます。

 

ちなみに、確定申告で医療費控除をおこなうと、10万円以上かかった医療費がすべて返って来ると勘違いしている人がいます。
確定申告をしたとしても10万円以上医療費が戻ってくるのではなく、所得に応じた税金が戻ってくるのです。
所得に応じた金額ですので、多く納税をしている人の方が還付金は多くなります。
このように医療費控除は少々難しく、あまり馴染みがありませんので税務署の方ときちんと相談し合い進めていくことをお勧めします。

Sponsord Link